スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ用―先頭に設置。

/*この記事はお知らせ用です*/


/* 更新 */

9/23  ・空の軌跡のプレイの軌跡7を投稿。3章はダイジェスト的な何かですませちゃいました。
8/25  ・FF零式体験版レビューを投稿。臨時です。ちなみに零式はレイシキと読みます。ゼロシキだと思ってました。
8/1  ・空の軌跡のプレイの軌跡6を投稿。何とか2章終了。

/* 各種ID */


XLinkID : sigure_6
SkypeID : sifon6
TwitterID : sigure_6


/* その他 */


・CFWを導入していますが、あくまでスクリーンショットを撮ることなどが目的であり、
 ゲーム本編改造が目的ではないことをここにも明記しておきます。

マイセット装備他まとめにMHP3編も追加。
スポンサーサイト

空の軌跡のプレイの軌跡7

ご無沙汰しております、やっとゆっくり記事をかけそうなので、空の軌跡のプレイ日記の続きをば。

前回の続きからでいえば、今回は3章のはずなんですが、

なんと。

書いている途中に記事を消すという大失態(ノ∀`)

を犯しまして。

ノートPCユーザーの方で、タッチパネルが付いている人なら経験があるのではないかと思うんですが、

手首を置いてタイプしていると、掌の親指直下辺りがタッチパネルに触れて、

あらぬところでクリックをしてしまうことが時々あるんです。

で、それが記事を書くスペース外で、しかも気付かずバックスペースを押そうものなら・・・

そうです、ブラウザが一つ前のページに戻ってしまうんですよ・・・

こういうコンボのおかげで2/3を書き終えていた第3章の記事は消え、

頼みの綱の自動保存も何故か1/3程度のところで止まっているという始末。



まあ何が言いたいかと言うと、モチベーションが上がらないので3章はダイジェストでお送りして、

終章の方に入っていこうと思います!





<3章ダイジェストもどき>

2章を終えてエステル達が向かうことにしたのは工房都市ツァイス。
目的は黒いオーブメントに添えられていた手紙に登場するR博士を探すこと。
クローゼとお別れをして、ツァイスへいたるカルデア隧道へ。
途中でメインキャラクターの一人、工房見習いのティータと出会います。
pic_0167.png
ややもあってツァイスに到着。
R博士の正体はラッセル博士と言って、導力技術の発展に大きな貢献をしている天才博士でした。
ティータの祖父でもあります。
早速機械で調査にかけられる黒いオーブメント。
すると、あのアーティファクトの力を無効化した時と同じように、黒い光が放たれ、
町中の導力が停止。黒いオーブメントの能力は<導力停止現象>なのでした。
導力を使用しない機材で調査してもらう間、近くの村まで依頼をこなしに。
途中でこれまたメインキャラのジンさんに出会います。
pic_0188.png
村で一晩を明かし、翌日ツァイスへ戻ると、中央工房から煙が。
中へ飛び込んで調べて回ると、黒のオーブメントとラッセル博士の姿が消えていました。
外にいた人々との証言と合わせると、どうやら王国親衛隊士に扮した何者かに連れ去られたようです。
ギルドに居たアルバ教授の話を聞くと、紅蓮の塔にそれらしき人物たちが居たそうです。
紅蓮の塔に向かうと、そこに居たのは黒装束達。またお前らか。
戦闘に勝利するも虚しく、ラッセル博士を乗せて黒装束達の飛行挺は飛び去って行きました。
しかし、ドロシーの写真から、その飛行艇がレイストン要塞へ向かったことが分かります。
工房の飛行船の荷物コンテナに入ってレイストン要塞へ潜入。
無事ラッセル博士を見つけ出し、シード少佐の助けもあって無事脱出。
ギルドで推薦状ももらっていざ王都。第3章終了。




ダイジェストとか言いながら結構書いたなぁ・・・逆に中途半端な情報になってしまった気がしますが。

なにはともあれ、終章へ突入。

なにやらユリアさんとクローゼが何者からか逃げている様子。

敵を一手に引き受け、クローゼを逃がすユリアさん。かっこいいなぁこの人。

しかしクローゼが逃げた先には。

pic_0206.png

たまねg・・・じゃなかった、リシャール大佐率いる情報部が待ち受けていました。

ええっ、クローゼ誘拐?何をするつもりだ情報部。

pic_0207.png
pic_0208.png

と言うことで終章「王都繚乱」の始まり。舞台はリベール王国王都・グランセルです。

実は3章終了時にラッセル博士からアリシア女王への伝言と紹介状を預かっています。

これを届けに行きましょう。

とは言え、まずはギルドに行くことに。

ギルドには先輩ブレイサーが4人いました。クルツさん、カルナさん、グラッツさん、アネラスさん。

どうやら、ここグランセルで開かれる武術大会に出場するようです。

pic_0211.png

アネラスカワ(・∀・)イイ!!

4人にも挨拶をして、王都支部受付エルナンさんに挨拶と転属手続き。

pic_0212.png

最初一瞬女性かと思ったんですが、男性です。

物腰柔らかで丁寧、仕事もデキるお方。

転属手続きも済ませて、取りあえずグランセル城へ向かいます。

観光客を装って、正門前の兵士から話を聞きます。どうやら内部見学は出来ないようです。

これは普通には入れなさそうですね・・・まあ入ったところで、女王様に会えるのか、と言うところですが。

一旦引いて、予選をしているという武術大会へ。

途中参加する訳にもいかないのでもちろん観戦ですが、キッチリ1000ミラもってかれました。世知辛い!

武術大会にはリベール王国軍や、遊撃士、そのほか腕に自信のあるものなら誰でも出れる様子。

中には2章で出てきたルーアンの不良グループ《レイヴン》なんかも居たり。

ジンさんも出ていました。グループ出場なのに何故か単独出場です。

しかし流石A級遊撃士、ソロでもアッサリ勝って予選突破。

予選を観戦し終わり、ジンさんのもとへ。

ここでジンさんがとある提案を。本選に出るにあたって、エステルとヨシュアも出ないか、と言うのです。

しかも本選で優勝すれば、グランセル城内での晩餐会に招待されるといいます。

腕試しもしたいし、ということで快諾。

pic_0216.png

どうですか、このガッツポーズ。武闘派のエステルは大喜びですw

この後居酒屋でオリビエに出会い、オリビエも出場させることにして翌日。

いよいよ武術大会本選第一戦です。相手はあのレイヴン。

幹部的存在のディン・ロッコ・レイスに加えてレイヴンエリートの4人PT。

何気に苦労しました・・・一人倒すと他のメンバーが「ダレてんじゃねぇ!」等と根性を注入して復活するので

いたちごっこでした。しかも溜め攻撃で100%即死。無対策でした(ノ∀`)

結局ヨシュアのSクラフトでまとめて倒して無事勝ちました。

他のマッチングも見ていると、何と情報部の特務兵(黒装束)が本選に出ていました。シード権あったのか!

赤仮面のロランス少尉をリーダーに颯爽と勝利して行きました・・・決勝であたるんだろうなぁ。

pic_0222.png

ロランス少尉の太刀筋を見て「あの太刀筋は・・・まさか・・・」と何やら思うところがある様子のヨシュア。

どうしたんでしょう・・・・?



本選は3日間に分けて行われるので、この日エステル達の出番は1戦のみ。



さて翌日。この日の対戦相手はあの先輩遊撃士チームです。

リーダーであるクルツさんはリベールでも1,2を争う実力者だそうで・・・

ジンさんも「不動のジン」で知られる実力者なので、何とか勝てるかな?

いざ戦闘を始めると、やっぱりクルツさんのサポートが強力で中々苦戦しました。

複数同時復活は本当に止めて下さいorz

この勝利で決勝進出確定です。

ホテルに戻ると、窓の傍に手紙が落ちていました・・・

「午後10時、グランセル大聖堂に来られたし」という内容でした。

スニーキングミッションっぽく、王国軍兵士が巡回するグランセルを見つからないように走り抜けて大聖堂へ。

ちなみにこの時グランセルではテロリストの出現情報が有り、王国軍による警備巡回が行われているんです。

まぁなにはともあれ無事に大聖堂に到着。

そこで待ち受けていたのは、終章始めにクローゼを逃がして敵を引き受けていたあのユリアさんでした。

あの後、シスターに扮して敵の目をくらましていたようです。

アリシア女王に危機を知らせる手紙とユリアさんの紹介状を託してくれました。

しかしあれだけの敵(犬型魔獣が8匹程)を一手に引き受けて無事って、流石は親衛隊隊長ですね・・・



さて翌日。武術大会本選、決勝戦です。

相手はあの情報部、ロランス少尉率いる特務兵達。

クルツさん達先輩遊撃士から激励を貰い、

pic_0227.png

ジョゼット達からも応援をもらいました。

あ、書いていませんでしたが、空賊事件で捕まったジョゼット達カプア一家もこの武術大会に出場しています。

というのも、主催者であるデュナン公爵(2章で出てきたあの小太りの尊大な人)が

大会を盛り上げようと計らったとか。とはいえ囚人を出すのはどうなんだ・・・

まあ、ジョゼット嬢が可愛いのでそこは気にしない方面で(ノ´∀`*)

そして、いざ出陣。

pic_0237.png

オリビエ節炸裂(笑) 特務兵たちはちょっとムッと来たようですが、ロランス少尉は冷静そのものでした。

相変わらずSPDが高い上に状態異常&DELAYを使ってくるんですが、

仲間を復活をさせないだけマシ。

ロランス少尉は分け身で分身しまくってて、あまり攻撃してきませんでした(笑)

意外にあっさり倒せて、大会優勝。賞金10万ミラだなんて、太っ腹ですね・・・

退場してきたロランス少尉をいたわるリシャール大佐。

というか、やっぱりロランス少尉は手を抜いてたそうです。ですよねー・・・

pic_0239.png

玉ねぎ大佐、黒幕確定です。王都で噂されているテロリストも、この人でしょう。逆賊とか言ってるし。




さて、武術大会で優勝したので、デュナン公爵から公式に城での晩餐会に招待されました。

うまいことアリシア女王に会えるでしょうか?






区切りがいいので(?)今回の記事はここまで。

流石終章だけあって長いので、無事書き切れるかどうか心配です(笑)

と言うか、ストーリー忘れかけてるところもあったり(時系列が少しおかしいかも)。

ですがまあ、覚えている限りで書いていこうと思います(ヽ'ω`)

Pagination

Utility

プロフィール

しぐれ

Author:しぐれ
おはようございます。こんにちは。こんばんは。
大して面白くもない記事をつらつらと書いております。
興味があるものはたくさんありますが、手付かずな状態。
更新頻度は超不定期。



コメント・リンク歓迎。もしよろしければどうぞ。




当ブログでは、レビューその他もろもろで文章・画像などを引用することがあります。
文章・画像等の著作権については各々の作者に帰属します。問題があればご指摘下さい。

カウンター

音楽(現在:無)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。